本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イナバウアー


今朝は6時前に目が覚めたら、「鳥のオリンピック」のフィギュアスケートのありよったっですバイ。

ヨカッタね。 荒川選手。
金メダルバイ。



こん、「イナ・バウアー」ってヤツば最初に見た時にゃあ
「こんヒトはこんままひっくり返りゃせんやろうか?」
って心配するくらいやったですばってん...。

ちなみにこの「イナ・バウアー」っつーとはヒトの名前で、
1950年代に活躍しよった西独の「イナ・バウアー」さんが初めてやった技で、そんヒトから名前ば取ったらしかですバイ。

しかし、荒川選手のごと上体ばグンニャリ反らすとが「イナ・バウアー」じゃのうして、
片足はヒザば曲げて、もう片方は後ろに伸ばして、つま先ば外側に向けた状態
のワザば言うらしかですバイ。

「稲葉!! ウアー!!」
じゃナカごたっバイ...。
(花粉症で脳のヨカ具合にヤラレとっごたっけん、許してやってくれんですか)




あと、どーでもヨカばってん、ワタクシめの姪っ子が荒川選手にそっくりやけん個人的に応援しよったっですバイ。
ウチのヨメも認めるほど似とっとやもんね。
今年小学校に上がるとばってん...。













ま、それはともかく。



随分前にメンテに出して、遠の昔に戻ってきとった「アルテグラ・C3000」ばってん、今日、給料の出てようやく取りに行ってきたですバイ。

「部品交換代金:1000円」
って言われとったけん、何ば替えたとやろうかって思いよったら、
マスターギアとピニオンギアば替えてあったですバイ。



C3000



約1ヶ月ぶりに我が手に戻ってきたアルテグラは、ハンドルの軽かコト軽かコト...。

まるで感覚だけは新品同様バイ。
(見た目はハードにキズだらけばってん...)

マスター&ピニオンギア


やっぱい、こんだけハードにグリスの汚れとったら調子も落ちっさね。

キズ&磨耗のあったらしかばってん、買ってから一年の使用って考えたら、結構ハードな使い方ばしよったっでしょうかねぇ...?
自分でも気付かんうちに道具には負担ば掛けよっとバイ。
大事にしてやらんば...。



で、帰ってきたリールば早速今夜の「第五次 北征」に投入すうかなって思いよったばってん、ライン(ファイアーライン:1.2号)の毛羽立ちの激しゅうして、潮流の早かいつものポイント+ヘビールアー(ラウリス:28g+#4-3フック)っつうスタイルに耐えられるか疑問の残るトコやけん、大事ば取っていつもんごと「バイオマスター+ファイアーライン:2.5号」の仕様で臨みますバイ。

またラインば買い直さんばね。
今度は何にしようかねぇ...。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。