本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風強っ!!



夜には収まるとか天気予報じゃ言いよるばってん、どぎゃんやろうかねぇ...。


昨夜は前述の通り、友人Dが5本釣り上げて、今年のシーバス釣果数ば20に伸ばしてきたバイ。

ワタクシめが先週でようやく10本になったトコやけん、ちょっと追い着くにはキツイ数字になってきたバイ...。



で、ふと寝床に就いて思うコトのあったっですバイ。





 最近はインターネットの高速普及に伴って、「あそこで爆釣」「あの港で入れ食い」的な情報の比較的簡単に手に入るごとなったとは皆さんも重々ご存知のコトでしょう。

ワタクシめも漏れずに情報ば聞き付けたら、行ける範囲内なら躊躇せず出掛けるスタイルで、釣れた・釣れんやったで一喜一憂しよるワケですバイ。

ワタクシめが釣りの世界に足ば踏み入れたとは3年前の春。
4月のGW前やったと思いますバイ。

仕事ば辞めて精神的に若干不安定やった時期に、友人Dから
「バス釣りでもしてみるや?」
って誘われて
「釣りんごたっとは短気な俺様にゃ向いとらんバイ」
って内心思いつつ早朝からノコノコついて行ったとが、ルアーフィッシングの入り口やったバイ。
目の前で友人Dが自己記録魚の56cmば釣って、
ワタクシめはキャスティングでフーフー言いよったとばってん、
その日は結局釣れずジマイ。

それから何となく「オモシロかタイ」って思って、
自分で竿買って(6ftくらいの振り出しの船竿の柔らかめのヤツやったバイ。 シマノ製)、リール(「エアレックス3000」と「ナビ4000」やったバイ。 今考えても、もうちょっと上のヤツば一台だけ買えばヨカッタって後悔しよっばってん...)買って、プー太郎の身であることば忘れて、バス釣るコトに心血注ぎよったバイ。

で、自力でボチボチバスば釣れるごとなった頃に、友人Dから
「バスより大きくなる『シーバス』ってヤツの海には居る。 オレも3年狙いよるばってん、未だに釣ったコトのナカ」
ってハナシば聞いて、
「よし、じゃソイツば釣ってやろうで!!」
って軽いノリでソルトの世界に足ば踏み入れたっですバイ。

チャレンジする事3週間。
市内某河川で、初のシーバス(30cmのチビセイゴ)ば釣って(ヒットルアーはヤマリアのラ・セグンダのR/H、7cmやったバイ)、

「うぉ~!! 釣ってしもうたバイ!!」

友人Dも同じ場所+時間で同じサイズゲット。



で、みるみるソルトにのめりこんで行ったっですバイ。



その夏、ひょんなコトから青物(ヤズ+ネリゴ:20cmクラスとペンペンシイラ:30cmクラス)に出会って、就職活動もソッチノケで釣り三昧やったっですバイ。



あの当時は今のごとHPやブログの割拠しとらんやったけん、情報ってヤツの極端に少なかったけん、自分のアシで「釣れる場所」ば探し歩くしかなかったっですバイ。

で、その数少なかったHPで「長満野郎Aチーム」さん、「マッツン」さんとの決定的な出会いのあって、長満野郎Aチームさんの紹介で「拾八南部」さんとも交友ば持てるごとなったっですバイ。

この出会いのなかったら、今頃まぁだ50cmソコソコのシーバス相手にモタモタしよったかも知れんですばってん...。



今、好実績ば記録しよる釣り場も、元はと言えば長満野郎Aチームさんから教わった場所。
そこで厳しくなったら、拾八南部さんの御用達の場所に逃げて、何とか実績ば出す...みたいな感じ。



そう。
今の釣果はどっちかっつーたら「借り物」的な感じですバイ。

以前のような、誰も釣りせんごたっ場所で黙々とルアーば放る
「フロンティア・スピリット」
のどうも欠けとるごたっバイ...。


釣りば始めて3年。
あん時に比べたら身の回りの大きく変わって、
気がついたらケコーンして、オソロシかヨメの家には居る。

たしかに、釣りに行く自由な時間も随分と制限されるごとなったけん、仕事帰りにコソコソ近場でセコ釣りするごとなったばってん...。
それでも他のヒトよりは一週間の釣行時間は若干多め。


釣り道具の身の回りに増えて、小遣いから買う品物の7~8割が釣り用品になった。
「釣れる」って聞いた場所に飛んで行って、ソコソコ場数も踏んで、ランカーサイズの来ても何とか落ち着いてヤリトリできるごとなった。

が、昔に比べたら、

「釣れんで帰ったらストレスの溜まる」

ごとなった。


前は竿振りよっただけでも何か嬉しかったとばってん...。

人間って欲深い生きモンバイ...。







ま、イロイロ講釈並べたところで、やっぱいフレッシュな情報の聞こえてきたら、ついつい流されて行ってしまうとバイ。
弱か生きモンやねぇ...。

とりあえず今の自分にできることっちゅうたら、
「教えてもらった場所で確実に釣果ば上げる」
ことぐらいですバイ。

誰かが開拓して見つけ出した場所に後からノコノコやって来て、イイトコ獲りして帰って行くワケやけん、せめてボウズナシで恩ば返して逝きたかって思うワケですよ!!





そんなこんなで、今日も「教わった場所」にノコノコ出かけます。
ハイ。
スポンサーサイト



当時書き込みしおった頃、たっくさんの釣果はある意味抜きん出ていたんで、『この男できる』と思っていたとですばい。
で覚えておられるかどうか、わからんですばってん唯一たっくさんにだけ直にメールば送ったことの一度ありましたとですばい。
フラット系の話題で・・

その後月日は流れ、青物ポイントでオサマソ君から紹介してもらいお会いした時には、もうかなりのキャリアを持つ人のごた雰囲気でしたばい。

道具に対する知識の凄さ・魚を釣るための圧倒的な行動力・情報網・・・
おいどんの年になる頃には、どっかのメーカーのフィールドテスターにでもなってるかもしれませんね~
【2006/03/03 20:55】 URL | 拾八南部 #-[ 編集]
オイドンもたっくさんに南部の青物ポイント紹介してもろうて良か思いしとりますけんお互い様ですばい(笑)

ギブ&テイク最高♪
でも、できたら場所は極秘でお願いしマッスv-435v-436

しかしアソコで95釣られたとはタマげたですばい。
なんせ 「あの場所じゃオイドンの記録更新はできん!」 て思うてアチコチ違う釣り場ば巡りよった矢先やったですけん。
オイドンも精進しますバイ!

今夜の釣果も期待しとります♪
【2006/03/03 21:12】 URL | 長満野郎Aチーム #JalddpaA[ 編集]
拾八南部さん、
あの時送ってもらったメール、いまだに消去せずに保存してあっですバイ。
軽い気持ちで募ったフラットポイントの募集に快く応じて頂いて...。
その当時、顔も知らないヒトから貴重な情報ばもらった事で、大変興奮したですバイ。
今後も、このクソブログ共々、ヨロシクお願いします!!


長満野郎Aチームさん、
大変心強いお言葉、有難く頂戴しますバイ。
「ギブ&テイク」最高でありマス。
が、最近は「ギブ」できるごたっ情報のナカっですもんねぇ...。
しかし、あれだけ魚影の濃かポイントやっとに釣果にムラの出てしまうとは、偏にワタクシめの不徳の致すところですバイ。

精進せんばですねぇ...。


【2006/03/04 20:27】 URL | たっく #Gunbb4dY[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。