本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春。


春ですバイ。





日中に花の咲きよっとば見よったら、ボチボチ春になってきよっとバイねぇ~って思うっデスばってん...。















いつものポイントに到着。







「ココは温泉かね?」



海面からゴウゴウと湯気の上がりよっですバイ。


首筋にカイロば貼っとるけん、寒さはそがん感じらんやったっですばってん、クルマから降りて一歩足ば踏み出したら、

「サクッサクッ」

って音のしよっバイ。

周りに停まっとる他のクルマは冷凍庫帰りのごとガラスからボデーからコチコチバイ。

今、何℃やろうか...?

鼻息で前の見えんバイ。

今年に入ってココのポイント、多分一番寒かに違いナカ。


気温の変化で気になっとがスズキの活性。

前回の北征の時は若干温かいくらいで、スズキの活性も高く感じたっですばってん、ここ2~3日の急激な夜間の冷え込みでスズキの活性の低下すっとがイチバン怖かっですバイ...。


と、同じタイミングで南部方面は正に群雄割拠状態。
一つのポイントに、
長満野郎Aチーム氏(ベイトタックル一筋に長崎中のスズキというスズキば釣り倒す、恐らくスズキ釣らせたらワタクシめの知っとるうちでは地元№1の南部の雄。 )、

拾八南部氏(様々な過去を一つ一つ振り払いながらも、鍛え上げられたサバイバルスピリッツで各所でスズキを引きずり出し、またスズキに限らず様々な海産物の知識・生態に精通されている孤高の志。)、

魚々麿氏(まだ直接の面識は賜ってないが、南部方面において根魚の攻略とポイント開拓の嗅覚に長ける南部方面の新星。)と

名だたるアングラーが勢ぞろいのようで...。


多分、今日行ってもサカナ一匹居らんっちゃナカかね...。

長満野郎Aチーム氏が78、拾八南部氏が85と派手な釣果が携帯メールで送られてくる...。


こりゃ北部チームも負けておられんバイ...。



プレッシャーを感じつつキャスト開始。



ルアーは勿論「ラウリス・マイワシオレンジベリー」。








開始30分後、離れた場所でキャストしていた友人Dが52cmを一本、他バラシ一回との報告。

ワタクシめはアタリばまだ拾っとらん状態やったけん、
「とりあえずサカナは居っとバイね」
って若干安心。



それからキャスト続行...。




























...気がついたら夜の明けとったバイ...。


友人Dはアタリばその後一回拾ったらしかばってん、釣果には繋がっとらん様子。

ワタクシめに至ってはアタリすら拾えん状態。

空が明るうなってきても、相変わらず海面から湯気のゴウゴウと立ち上る状態で、ワタクシめの生命線でもある潮目やらタルミのまったく見えん状態の続きよったっですバイ。

そんな中、友人Dがバイブでボトムトレースした時に3度バイトのあったとの事。


迷ったばってん、釣果には替えられんバイ。


ラウリスからT.D.ソルトバイブ・シーバスチューンにチェンジ。

確かに、バイブのボトムトレースなら潮目やタルミもそう気にせんでヨカバイ。




5投目。



















ごんっ
















くあっ!!

















貴重な今回唯一のアタリ!!

バラすワケにはイカンバイ!!




慎重に本流に逃げ込まれんごと岸に寄せる。


と、
















ごぼごぼっ














NOーーーーーーーーーーーーーーっ!!

















50クラスのスズキは悠々と海中へ。

すっぽ抜けたバイブが、タモを手にランディングに駆け付けてくれた友人Dとワタクシめの間にストライクで落下。



この瞬間、勝負アリ。

















で、今回の北征は完敗。

前回の好調ぶりがウソのような沈黙。


「冷え込みが釣果に影響せんならヨカばってんねぇ」

って友人Dと話していたことが現実に。



サカナが居らんやったワケじゃナカけん、単純にウデ不足で釣りきらんやっただけバイ...。















が、しかし。


今夜も釣行できるとバイ。

ヨメが実家の催し事で、実家にお泊り(強引に「泊まってきなさい」ってススメたっですばってん)やけん、久しぶりに

禁断の二日連続釣行

ですバイ。


今夜は北征ならぬ南征。

前回南征時は、フッコクラスば連発する友人Dば尻目に奇跡的に釣れた尺メバル一本のみと、これまた大負けしたポイント。

リベンジも兼ねた釣行になるばってん、
何せ昨夜、南部方面の猛者達が釣りまくったポイントやけんねぇ...。


とりあえずは堅実に一本獲りたかですバイ...。








<今日のタックル>


---スズキ用---

ロッド:SHIMANO GAME AR-C 906
リール:SHIMANO '05 BIO-MASTER 4000
ライン:Barkley ファイアーライン 30lb グリーン
リーダー:お買い得シーガー フロロカーボン 5号
ルアー:
 リトル・ジャック  ラウリス
           <マイワシオレンジベリー>
 ダイワ T.D.ソルトバイブ・シーバスチューン
 ジャクソン アスリートバイブ
 メガバス リップレスベイト


スポンサーサイト



厳しかったですか。
南部でも0度~マイナス1度ぐらいでしたばい。
ちなみに4駆の室外気温計での表示。

昨日の南征のHITポイントは離岸流と
テトラ際。
ってもう出発しちゃったかな?
【2006/03/04 20:35】 URL | 拾八南部 #-[ 編集]
拾八さん、たしかにエライ冷えるて思うたら0℃しかなかったですか~。

そいにしても皆さんバイブで良うヒットさせますねー。
オイドンも次回試してみますけん。
【2006/03/05 07:07】 URL | 長満野郎Aチーム #JalddpaA[ 編集]
拾八さん、
そう。
キモは離岸流のごたったですばってん...。
群れの入り具合ば考えたら、それ以前の問題やったごたっですバイ。
どうもアソコのポイントとは相性の悪かごたっですもんねぇ~。


長満さん、
バイブはアタリは良う拾えるとばってん、バラシはミノーやシンキングペンシルの数倍ですバイ。
バイブでランディングできるヒトはスゴかですバイ...。
【2006/03/05 23:15】 URL | たっく #Gunbb4dY[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。