本能のままポイントに立ち、無策の釣りを繰り返す...。   ポンコツ管理人「たっく」は今日も行く...。        Since 2005/12/20

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すっかりと「沈下鉛筆」フリークと相成りましたワタクシめこと「たっく」ですばってん、そのワタクシめが以前から気になって目ば付けとったルアーがあったっですバイ。
























fabulous 「adlib-130」


厳密に言えば「フローティング」ですけん、「沈下鉛筆」の類じゃナカっですばってん、使い方は限りなく「沈下鉛筆」に近かごたっですけん、あえて「沈下鉛筆」のジャンルに入れようと思いますバイ。







で、ついに手元に届いたっですバイ。

















adlib-1


う~ん。 思ったより横幅のあるバイ。
ワタクシめの親指よか太かですバイ。


しかし、この手のハンドメイドルアーって、何でフックの付いとらんとでしょうね?


推奨フックは
・スティンガートリプル ST-36BC #2
・がまかつ トレブル13 #2
って書いてあったっですばってん、

何となくST-36には「淡水用」のイメージの強かっですバイ。

トレブル13もあんまり見らんですしね...。




で、結局「がまかつ トレブル120 #2」にしたっですバイ。



adlib-2


ようやくソレっぽくなったですバイ。

フックも#2やけん、単体で見たらそれなりデカかっですばってん、ルアーそのものがボリュームのあるけん、ルアーにセットしたら返って小さく見えるっですバイ。





で、お気に入り沈下鉛筆ボックスの中へ早速移動。




adlib-3



・ラウリス  133mm
・BOA   120mm
・adlib 130mm

どれもデカかけん、BOAのボリュームでも小さく見えるバイ。


これって全て定価で買うたら
・ラウリス  1890円×3
・BOA   3990円
・adlib 4100円

 合 計  13,760円



このボックスごと失うたら、もう死ぬしかナカですバイ...。





早速、今度の北征で投入しようかって思いますバイ。

価格相応の活躍ば期待しますバイ。
スポンサーサイト



 どうも、はじめまして?
たっくさんは以前私のオークション出品のルアーを落札いただいたたっくさん?でしょうか?
違っていたらすみません。m(._.)m ペコッ
実は、私もシバス釣りをはじめました。
たっくさんの釣り仲間に負けないよう頑張りますよ。
拾八南部さんやたっくさんのブログを参考に今、試行錯誤中です。
とりあえず、まずは1匹上げてみたいです。
ではでは・・・
最初の1匹目を釣り上げるコツは何でしょうか?
【2006/03/29 23:00】 URL | まつしん #3H0zKxDU[ 編集]
まつしんさん、
おぉ。 お久しブリです。
そうです、紛れも無くワタクシめでございます。
恥ずかしながら今日までコソコソと生き永らえておったですバイ。
南部の虎狼、「拾八南部氏」や「長満野郎Aチーム氏」、県央の激釣兄弟の長兄「マッツン氏」など、ワタクシめの周りには共に名前ば並べさせて頂くには恐れ多かくらいの猛者揃いですバイ。
この御仁方に比べたらワタクシめなんて赤子同然ですけん、是非、彼らのブログもご覧になって下さい。
こがんクソブログよりはるかにタメになっですバイ。
(上のリンク欄にリンクば貼らせてもろうとっですけん、そこから飛んで逝けますバイ)


ちなみに、一本目のシーバスば釣るコツは「忍耐」。
その一言に尽きますバイ。
健闘を祈っちょりマス。
【2006/03/29 23:11】 URL | たっく #Gunbb4dY[ 編集]
それは、手づくりだからですばい。
素手でフックは造れんし、付けるのも難しかとですばい。
訳解らん理屈ですばってん、本当のところは、タダでさえ値段が高いのにフック付けるとさらに高くせんばゴトなっけんじゃなかでしょうか?
【2006/03/29 23:32】 URL | 拾八南部 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 「たっくの小屋」@爆釣速報, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。